二次会ドレスは豪華なデザインを選べば花嫁の格が上がる

コンプレックスをカバー

ウェディングドレス

東京でウエディングドレスを着ることは、女性の憧れと言っても過言ではないでしょう。ですが多くの女性が自分の体にコンプレックスを抱いており、綺麗にウエディングドレスを着こなせるか悩んでいます。しかし、東京では自分のコンプレックスをうまくカバーしながらウエディングドレスを着ることができます。少しコツを覚えるだけで見違える様にドレスを着こなせるでしょう。

ドレスを着こなすには、自分のコンプレックスと向き合うことが大事になってきます。東京での結婚式本番まで時間があるなら、エステや運動で体重を落とし絞ることも大事でしょう。しかし、ウエディングドレスのデザインをうまく活かすことでコンプレックスをカバーすることもできます。例えば、肩幅がしっかりとして筋肉のつきが良い体型ならアメリカンスリーブが似合います。思い切って肩を出すことで、バランスが良くなりスッキリとした印象になります。ウエストにくびれが無いことで悩んでいるなら、ベルトやリボンの装飾が施されたドレスを選びましょう。装飾がウエスト部分にあることでくびれた印象になります。下半身が太いことで悩んでいる場合はタイトなシルエットは避けて、フリルやドレープがきいたドレスを選びましょう。ふんわりとした印象になるので下半身のサイズをうまくカバーしてくれます。腕の太さに悩む方はノースリーブのドレスよりは、ベルスリーブが良いでしょう。自分でドレスを選ぶ場合は東京の専門スタッフのアドバイスを受けながら選ぶとさらに良いドレスを選べるでしょう。